ゴーヤー(にがうり)について

沖縄県産ゴーヤー

何と言っても沖縄を代表する野菜と言えばゴーヤー!!苦瓜のことを沖縄の方言でゴーヤーと呼びます。ゴーヤーはモモルデシンという苦味成分とビタミンCがとても豊富に含まれています。モモルデシンは胃腸の働きを促進させ、ビタミンCは疲労回復、病気に対する抵抗力を高めます。一般的に加熱すると壊れるビタミンCですが、ゴーヤーの場合加熱調理しても壊れません。沖縄では一年中収穫されます。

ゴーヤーチャンプル作り方

ゴーヤチャンプルの材料
ゴーヤチャンプルの材料
ゴーヤー200g、卵2個、チャンプルーの素(内容5袋の内、2袋使用)島豆腐300g、スパム1/3
豚肉を使用したり、もやしを入れても美味しくできます。また味付けも、塩、コショウ、しょうゆなど野菜炒めのときの味付けで十分おいしく仕上がります。
  • ステップ1
    ゴーヤーを縦半分に切ります。

    作り方1-たて半分に切る
  • ステップ2
    中のわたと種をスプーンできれいに取り除きます。

    作り方2-わたを取り除く
  • ステップ3
    ゴーヤーは3mm程度の厚さにスライスします。お好みでスライスの厚さは調節して下さい。

    作り方3-スライスする
  • ステップ4
    豆腐は1cm程度の厚さで縦横2cmに切ります。ポークは厚さ1cm、横1cm、縦2cm程度の大きさに切ります。

    作り方4-豆腐とポークを切る
  • ステップ5
    フライパンに油をしき、豆腐に少し焦げめがつくくらいまで炒めて、別皿によけておきます。

    作り方5-豆腐を炒める
  • ステップ6
    油をしき、ゴーヤーは少ししんなりするまで、ポークは表面にこげ目がつくまで炒めます。

    作り方6-ゴーヤーとポークを炒める
  • ステップ7
    豆腐も一緒に混ぜ合わせ、チャンプルーの元で味付けをし、炒めます。シンプルに塩コショウだけでもおいしいです。

    作り方7-豆腐を混ぜ、味付け
  • ステップ8
    最後に溶き卵を全体に絡めるようにし入れ、軽く炒めます。

    作り方8-卵を絡める
  • 完成!
    超簡単、ホクホクゴーヤーチャンプルーの出来上がり!!

    完成!

翁屋通販の送料は全国一律1,300円(クール代金、消費税込み) 代引き手数料260円

  • ゴーヤ(にがうり)

    ゴーヤ(にがうり)

    200〜250g 1本300円(税込)

    本場物は違います。肉厚で実はやわらか。苦味もやわらかい。

  • スパム / チキナーチャンプルーのレシピへ

    スパムポーク(SPAM)

    1缶 410円

    アメリカ・ホーメル社の豚肉をハムの様な缶詰に加工したポークランチョンミートです。沖縄では常食として色んな料理にひっぱりだこです。

  • 島豆腐(大)/豆腐チャンプルーのレシピを見る

    島豆腐(大)

    600g 1個598円(4〜5人前)

    沖縄の島豆腐はこれが半丁、なんと一丁は1kgもあります。

  • ちゃんぷるーの素/お菓子・いいものページへ

    チャンプルーの素

    5袋入り1袋 160円

    手軽に本格チャンプルーが作れます。色々なチャンプルー(まぜる・炒める)に使えます。我が家のオリジナルチャンプルーを作ってみましょう。

Twitter「つぶやく」ボタン