島バナナについて

沖縄県産島バナナ

マレー原産の小笠原種と呼ばれる品種で、1888年に小笠原から栽培目的で導入されたバナナです。姿かたちはモンキーバナナによく似ていますが、味は全く違います。果肉がねっとりとしていて、少し酸味があり、香り、甘み、共に濃厚です。青いうちに収穫し、常温で食べごろまで寝かせます。夏から秋にかけて収穫量が一番多く、一年中収穫されます。

島バナナのおいしい食べ方

全体が黒ずんできたら食べごろ
※島バナナは通常青いうちに収穫されます。常温(20℃程度)にて追熟させてからお召し上がりください。全体が黄色くなって1〜2日。全体が黒ずんできたら食べ頃です。
熟すのを待ちましょう
熟し過ぎたように見えますが中は全然大丈夫です。島バナナは黒ずんだ頃が食べ頃です。

翁屋通販の送料は全国一律1,300円(クール代金、消費税込み) 代引き手数料260円

  • 沖縄県産島バナナ

    沖縄県産島バナナ

    1房 600〜700g(10本程度)
    1,680円(税込)

    知る人ぞ知る、沖縄の島バナナ。果肉はねっとりとしていて、僅かな酸味があり、甘味、香りともに濃厚。日本では希少な国産バナナです。

Twitter「つぶやく」ボタン